家全体が広く使える

 

ウォーキングクローゼットリフォームキャラクターショー

我が家では休日の過ごし方として、4歳になる幼稚園に通う娘を連れて、住宅展示場へキャラクターショーを観に行くことがあります。

 

キャラクターショーと言っても、住宅展示場が集客するためのイベントなので30分ほどで終わりですが、終わってからも握手会などあり、午前中くらいの時間つぶしにはピッタリです。

 

子供連れにはかなり人気があるから、ショーの30分くらい前には場所取りしないと、座ってゆっくりと観ることができないほどたくさんの家族が集まります。

 

同じキャラクターショーでも、子供は何度見ても楽しいもので、我が家も家族で月に一度は住宅展示場へ足を運んでいます。

 

 

そんな私ですが、実は結婚した当時に新築で家を建てたので、住宅展示場には子供を連れて遊びに行くのが目的でした。

 

家を建ててからもう、10年以上経つので最新の住宅が並んでいるのを見ると、自分の家が所々傷んできているところが気になっちゃいます(;・∀・)

 

 

キャラクターショーが終わった帰りに、時間つぶしに展示場に並んでいる住宅メーカーに立ち寄ることがあるのですが、どこの住宅メーカーも当たり前のようにウォークインクローゼットが付いています。

 

賃貸マンションにも付いているところがあるくらいなので、もうウォークインクローゼットは特別なものではなく、今どきの家には当たり前になっているようですね。

 

私が家を建てた当時にも、ウォークインクローゼットもありました。

 

しかし、まだ出だしで実際に家を建てる人でもウォークインクローゼットを付ける人が少なかったですし、営業担当の人も勧めてくることがなかったので、備え付きのクローゼットや衣装タンスを利用しています。

 

あの時にはウォークインクローゼットなんて作ったら、部屋が少なくなってしまうくらいしか思っていませんでしたが、今思えば真逆の発想だったと後悔しています(´;ω;`)ウゥゥ

 

長いこと住んでいると、どうしても物が増えていくのは仕方がありません。

 

そのような悩みを解決できるのが、このウォークインクローゼットで解決できるのです。

 

 

家の中を広く使うことができてスッキリとすると知ったので、リフォームで我が家にもウォークインクローゼットを増設することにしました。

 

そもそも、断捨離すればいいだけの話ですが、衣装ダンスで部屋も狭くしてしまっている現状も打開できます。

 

 

リフォームは家を建てた住宅メーカーでなければいけないの?

ウォーキングクローゼットリフォーム大工

リフォームする時には、家を建てたメーカーにお願いする人が多いようですね?

 

住宅メーカーなら、設計図も保管しているので、どこに何の部品が使われているのかも詳細に把握していますから、安心と言えば安心です。

 

私もリフォームするにしても、どこに頼んでいいのかわからないから、建設してくれた住宅メーカーくらいしか知りませんでした。

 

 

全国にある大手住宅メーカーの地方にある営業所なんて、地元の工務店が生き残りをかけて子会社になったり、フランチャイズで加盟店になっているところばかり。

 

正直なところ、我が家の営業担当の人も辞めてしまっているし、10年保証の住宅保証期間内でも不具合があっても、理由を付けて直してくれないこともあったりして、売りっぱなし状態のところです。

 

 

でも、とりあえず見積もりだけ取ってもらうことにしました。

 

それからと言うもの、リフォームを考えているというだけで、迷惑なほど家に来たり電話がかかってきたりするようになりました。

 

押しに弱い人なら、
「こんな感じで毎日連絡されたら、リフォームを依頼してしまうんだろうな」なんて、思ってしまうくらいゴリゴリ来ます(笑)

 

私は逆なタイプで、この変わり具合に呆れてしまって、絶対にこんな会社ではリフォームしないと決めて、ネットでリフォーム会社を探し始めました。

 

 

すると、各都道府県対応の優良リフォーム会社を紹介してくれるサイトを見つけたのです。

 

さらに、ネットから入力するだけでその内容に沿った、見積もりが頂けるというサイトです。

 

車を売るときような、複数社に一度で見積もりが取れるリフォーム版でした。

 

 

>> 3社から無料見積もりのタウンライフリフォーム

 

 

ここでは、一定基準を満たした優良会社しか登録できないので、電話がかかってくることもありませんでした\(@⌒∀⌒@)/

 

だから、見積もりをもらったからといっても、しつこいメールや電話がかかってくる心配がないとわかったので、気軽に見積もりを依頼してみたのです。

 

 

リフォーム費用の比較ができる

ネットからの見積もり申し込みをしただけで、3件の見積もりが来ました。

 

ざっとした内容でしか伝えていないので、具体的に話を詰めていくと見積金額は変わってくるとは思いますが、この時点で費用的に高いリフォーム会社がどこなのかが判断ができました。

 

 

見積もりを見て比較することが出来たので、迷うことなく話が聞けます。

 

その中でも、最安値だったところと話を進めることにしました。

 

プロのアドバイスがないと後から後悔する

 

私が新築の家を建てたときには、私と嫁との希望を推しとおしたこともあって、担当者の意見を聞かなかったこと今となっては後悔することが多々あります

 

同じ思いはしたくないので、

・しっかりとしたアドバイスをしてもらえるのか?

 

・契約する前に親身になって話をしてくれるのか?

など、担当者を試すつもりで色々と相談しました。

 

ウォーキングクローゼットリフォームアドバイス

私の希望は、寝室を区切って3畳ほどのウォークインクローゼットを作ってもらえるのかです。

 

 

しかし、リフォーム会社へと連絡して話を進めると、ウォークインクローゼットには人が通れる通路も確保する必要があり、服以外を収納するには3畳では少し狭いという担当者個人の意見でした。

 

 

私よりも5歳ほど若い担当者さんですが、家を建てたときに3畳のウォークインクローゼットを作ったそうですが、後からもっと広くしとけばよかったと後悔しているそうです。

 

私は、洋服をしまう場所としてしか考えていませんでしたが、布団や扇風機など季節によってしまっておかなければいけないものもある訳ですから、納得しちゃいましたよ。

 

それに、湿気対策や通気の問題もあります。

 

私は、部屋を区切って棚やハンガー掛けを付けるくらいに簡単に考えていました。

 

確かにカビ対策もしなければいけなし、夏場なんて中で着替えようなものならば、汗でビショビショになってしまいそうですよね?

 

ネットで調べた情報よりも、プロの意見って本当に大切だと実感しました。

 

担当者の意見を取り入れて話を進める

言われた通り4畳の大きさでウォークインクローゼットにすることにしましたが、今あるクローゼットを壊しても寝室が狭くなるので、シングルサイズのベッドに買い替えなくてはいけないんですけど、仕方がないですよね。

 

 

そんなアドバイスをいただき、見積もりを作り直してもらったら、そこまで見積金額が跳ね上がらないのが驚きでした。

 

確かに最初の時から比べると、見積もり金額が高くなりましたよ。

 

予定より広い4畳にして、換気扇も取り付けたけど、それでも他からもらった見積もりで高かったところと比べても似たような金額なのでとても良心的です。

 

 

ただ、家電量販店で除湿器なども購入しなければいけないので、トータル的には割高になりましたが、納得した工事をお願いできました。

 

 

 

ウォークインクローゼットにしてよかった

 

今までの小さなクローゼットがなくなり、今まで部屋の隅にあったタンも必要なくなり処分。

 

その部屋が広くなった分がウォークインクローゼットとして生まれ変わりました。

 

今までは感じていなかったけど、タンスの圧迫感がなくなりスッキリとした印象です。

 

服の出し入れや着替えを今までのように部屋の中でしなくなったら、掃除のときに埃が少なくなって楽になりましたよ。

 

ウォークインクローゼットにしたら、こんなところにもメリットがあるんですね(*^▽^*)